Travel Info観光情報

聖ポール天主堂跡

2019/07/31
  • 聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡とは、1602年から1640年の間に建てられた聖母マリア教会のファサードの部分を指します。

聖母マリア教会は極東で初の西洋式の大学・聖ポール大学の一部でした。

1835年の火事で、ファサード、基礎部分の大半と教会前の階段を残して、大学と教会は焼失してしまいました。

東洋と西洋の様式が融合したこのファサードは、今なおマカオの象徴的な祭壇として街を見守っています。

「写真提供:マカオ観光局」